痛いイメージの歯医者で親身に無痛治療も行ってほしい

“歯医者は痛い”イメージを払拭する
「無痛治療」とは?

キーン……チュイーン……

歯科治療と聞くと、多くの方がこうした音をイメージされるのではないでしょうか?同時に、過去に感じた歯医者での“痛み”を思い出してしまう方もいらっしゃるでしょう。

こうした体験をされた方は「歯医者は痛いもの」というネガティブな感情を持っているはずです。そしてだんだんと歯科医院への通院から足が遠のいてしまっている……そんなことはありませんか?

しかし、「歯科治療は激しい痛みが伴う」というのは、今は古い常識となりつつあります。それは、現代になって無痛治療という方法が確立されてきたからです。

無痛治療にはいくつかの種類がありますが、大きく分けて麻酔注射の針が刺さるときに痛みと、麻酔薬が注入される時の痛みを和らげることが目的です。前者であれば、歯ぐきへの刺激が少なくなるように麻酔針を極細にしたり、事前に表面麻酔を塗布したりといった方法があります。

また、麻酔注入時の刺激を抑えるためには、麻酔液が入っていくスピードを一定にすることが大切です。そのためには常に一定の圧力がかけられる電動麻酔機が用いられます。その他にも、麻酔液を事前に温めておくといった工夫も、無痛治療のひとつです。


当歯科は無痛治療に取り組んでいます

歯医者に不安や恐怖を持つ患者さんに対して安心の治療をご提供するために、当院では無痛治療を行っています。ただし、当院が目指す無痛治療は診療時だけではありません。患者さんがリラックスして治療に専念できるような雰囲気づくりをしたり、事前のヒアリングで処置に対する不安を取り除いたりといった取り組みにも力を入れています。

同時に、予防歯科についてもご案内を差し上げることで、将来的な歯の健康維持にもお役立ていただいております。虫歯や歯周病にならなければ、治療で痛みを感じることもありません。ある意味では、予防こそが最大の無痛治療とも言えるでしょう。

PAGE TOP