虫歯治療は痛くない方法で優しくしてほしい

大野歯科医院の虫歯治療への取り組み

一口に虫歯と言っても、進行具合によって適切な対処法というのは異なります。

たとえばC0と呼ばれるごく初期段階の虫歯であれば、毎日正しいブラッシングをしていれば自然に治ってしまうことも珍しくありません。また、再石灰化を促すことと、虫歯に強い歯質を作るために、フッ素塗布と呼ばれる処置を行うこともあります。これは再発防止にも有効です。

歯の表面が黒くなってしまうほどに虫歯が進行してしまった場合は、その部分を削り、歯科用プラスチックでできた詰め物をする治療を行います。さらに進行してしまった場合は、神経を取り除く工程を用いた根管治療が必要となるケースもあります。

歯冠がほとんど溶かされてしまうまでに虫歯が進行してしまった時は、補綴(ほてつ)治療を施します。代表的なものとして、インプラントや入れ歯があります。

このように、虫歯が進行すればするほど、治療は大がかりなものになっていきます。少しでも治療の負担を減らすためには、違和感を覚えた時点で歯科医院に足を運ぶか、定期検診を受けることが大切です。いずれも早期発見につながり、早めの治療に結びつくでしょう。


患者さんに我慢をさせない
痛くない虫歯治療を心がけています

当院で虫歯治療を行う際は、可能な限り痛みを抑えた「無痛治療」をご提供しております。「歯医者は怖いところ」「治療は痛いもの」。そうしたイメージを患者さんがお持ちになっていれば、その後のデンタルヘルスを守っていくのが難しくなってしまうでしょう。私たちは、少しでも患者さんの負担を減らし、歯科医院を身近に感じてもらいたいと考えています。

治療中、痛みや息苦しさをかんじたら すぐに手をあげてください。「大人だから、我慢しなくちゃ」。そんなお心遣いは不要です。患者さんがリラックスして治療に専念すること。それこそが、将来の歯の健康にとって大切なことです。

「明日は歯医者だ」

そう思った時に感じるかもしれない心のモヤモヤ。それを払拭するために、今後も当院は上記の取り組みに努めてまいります。

PAGE TOP